© 2019 by 合気道竹の氣クラブ

合気

合気道の創設

合気道は開祖植芝盛平先1883~1969により激動の昭和の時代に創設されました。開祖は若い日より我が国独自の伝統歴史文化に根ざした武術である剣術柔術槍術等を学ばれそれらの修行を通じて武道に精通されました。その後精神的開眼を得て創設されたのが合気道であり「現代に活きる武道」として近年発展を遂げております。

武道

その昔武士は相手と対峙しても心の中に相手を敵として見ない心を涵養する必要がありました。心が相手に留まれば隙が生ずることを知っていたからです。そして相手と対立しない身体の動きを作り出しました。相手と対立せず同化することを旨とし勝とうとしていたずらに相手に心を傾注させず自らの心と身体を如何にコントロールするかが古の武士にとって重要なことでした。この昔の武士の修行の在り方が「現代に活きる武道」としての合気道に通じています。従って相手に心を傾注する試合を行いません。合気道竹の氣クラブではこれらを重視した稽古を行っています。

​心身体のコトロール

合気道は剣の理合にその成り立ちがあると言われています。昔の武士が行っていたように相手と対峙し相手と戦って勝とうとせず自らの心のコントロールを通じ自在に身体を用いることを可能にすることを目指しています。その為に心のコントロールに必要な呼吸法瞑想法を日常の稽古に加えて行っています。